繰り上げ返済はメリットだらけ?

住宅ローンで行っておきたいこと

マイホーム購入では、お金を金融機関から借り入れて購入する人がほとんどです。そして、借りたお金は長い年月をかけて返済していきます。借りる額が多ければ多いほど、返済額は膨れ上がっていきます。
基本的には住宅ローンでお金を借りた場合、月々の返済に加えて、ボーナス時の返済があります。一年で考えると全部で14回の返済をするのが一般的と言えるでしょう。
30年ローンで組んだ場合は、30年間、ルーティーンのように返済をしていくことになりますが、その間のタイミングで繰り上げ返済を行うと良いです。繰り上げ返済することで、無駄に支払っている利息分の額を減らしていくことができます。
纏まったお金が手元にできたら、ぜひとも実行しましょう。

繰り上げ返済することでどんな効果があるか

纏まったお金ができたら繰り上げ返済を行います。繰り上げ返済すれば、返済した分だけ完済までの年月を短縮できます。例えば、30年ローンを組んでいる人で、1年分の繰り上げ返済ができれば、完済までの年月は1年縮まるといった計算になります。
それだけではなく、完済までの年月を固定した場合は、月々の支払額を少なくできます。どちらがお得なのかというと、返済する金利のことを考えた場合は完済までの期日を短縮した方が良いでしょう。
ただ、注意すべき点もあり、金融機関によって繰り上げ返済にかかる手数料には違いがあることです。ですから、ある程度纏まった金額で繰り上げ返済しないといけません。手数料は事前に確認しておきましょう。

© Copyright Couples & Prepayment. All Rights Reserved.