金利が違うと返済金額がこんなに違う!住宅ローンの計算方法

固定金利と変動金利との違い

住宅ローンを利用するとき、固定金利と変動金利のどちらにするか悩むかもしれません。固定金利は利用開始時の金利が将来続きますが少し高めです。変動金利は利用開始時は固定金利よりも低めですが、将来金利が上るかもしれません。最近は、固定金利は数パーセント、変動金利は1パーセントを切る状態が続いています。もし固定金利が1パーセント、変動金利が0.5パーセントの時に3千万円を35年借りたらどれくらい違うかを計算してみましょう。固定金利だと35500万円を超える金額になり、変動金利だと3270万円を超える金額です。両者の差は300万円ぐらいあります。あくまでも変動金利がずっと0.5パーセントであると想定してですが、低金利が続けばまだ低い状態が続く可能性はあるでしょう。

元利均等返済と元金均等返済での違い

住宅ローンの返済方法として、元利均等返済と元金均等返済が選択できます。元利均等返済は、毎月返済額が均等になるよう調整された返済方法です。元金均等返済は、元本部分の額が毎月同じなので、将来的には返済額がどんどん少なくなります。3千万円を35年、利率1パーセントで返済するとしたときに元利均等返済だと3550万の返済額で元金均等返済だと3520万の返済額です。この時は30万円ほどの差になります。金額と返済期間が同じで利率が2パーセントだと元利均等返済は4170万円で元金均等返済は4050万円なので120万円ぐらいの差になります。金利が低ければ両者の差はあまり大きくありませんが、金利が大きくなると元金均等返済の方が大分少なくなります。

© Copyright Couples & Prepayment. All Rights Reserved.