マイホームを持とうと思った時ほとんどの方が検討する住宅ローンですが、知っているか知らないかで支払う総額も変わってきます。少しでもお得に住宅ローンを組みたい方にどんなタイプの住宅ローンがお得なのか、返済の仕方やタイミングなど分かりやすいようにポイントを押さえてお伝えします。これから借り入れる方も、現在返済している方も参考にして頂けたらと思います。

住宅ローンの金利

金利が違うと返済金額がこんなに違う!住宅ローンの計算方法

住宅ローンを利用するとき、固定金利と変動金利のどちらにするか悩むかもしれません。固定金利は利用開始時の金利が将来続きますが少し高めです。変動金利は利用開始時は固定金利よりも低めですが、将来金利が上…

Read more »

金利が高い時には変動金利がお得?変動金利のメリット・デメリット

住宅ローンを利用するとき、金利の選択をするように言われるかもしれません。多くの金融機関では複数の金利が用意されています。よくあるのは変動金利と固定金利です。変動金利は、一定期間ごとに金利を見直すタ…

Read more »

固定金利は金利が低い時に選ぶのは正解なのか?固定金利のメリット・デメリット

固定金利のメリットは?

住宅を購入する際、ほとんどの人は住宅ローンを組むことになるでしょう。まず考えるのが固定金利と変動金利のどちらにするのかでしょうが、予備知識が無いと選ぶのに苦労するかと思います。 ここでは固定金利のメリットとデメリットをお伝えし、金利ローンを組む際の参考にしていただければと思います。 まず固定金利のメリットですが名前の通り金利が固定されている、つまり返し終わるまで金利が一定ということです。これは返済についての先の見通しが立てやすい事に繋がります。例えば、教育費など今後大きな出費のある人は固定金利の方が収支の計画が立てやすいです。また、収入が一定で大きく年収の増える可能性が無い人が変動金利を選ぶと、大きく金利上昇した際に返せなくなるリスクがあるので固定金利の方が安心です

固定金利のデメリットは?

住宅ローンの金利推移のグラフを調べるとよくわかりますが、以前は変動金利の利率が高い状況が続いていました。しかし、バブルの崩壊とともに変動金利はどんどん利率が下がり続け、固定金利よりも利率が低い状況が続いています。よってデメリットは、現状は固定金利の方が利率が低いことです。 但し金利というのは誰にも予測が立てられないので、変動金利がこのまま固定金利よりも低い状況が続くかはわかりません。まず国債の動きに合わせて固定金利が上下するとその少し後に変動金利が同じ動きをします。 よって、いつか利率が逆転して変動金利が高くなるかもしれませんし、逆転しなくても借りた時点より今後かなり利率が上がった場合には固定金利の方がトータルでみるとお得になる可能性は否定出来ません。 ですから金利推移を定期的にチェックしつつ、今後の上昇リスクを避けるのか現状の利率の安い方を選ぶのか考えるのが大事です。

住宅ローンの返済

住宅ローン減税や繰り上げ返済、借り換えなど住宅ローンを組もうとしたときに耳にする言葉ではないでしょうか。それぞれのポイントや返済額への影響をお伝えしたいと思いますので、少しでも返済額を減らすための参考にして頂けたらと思います。

住宅ローン減税を最大限うけるための返済の仕方

夫婦共働きの家庭が多くなっています。夫の収入が多いところもあれば、夫婦で同等の家庭、妻の方が稼いでいるところもあるかもしれません。ただ、女性は出産などもあるので一時的に収入が減るときもあります。住…

Read more »

借り換えを検討した方がいい!返済時期や返済額など目安になるポイント

新築でマイホームを建設し、当初組んだ住宅ローンをそのまま継続している人が多いですが、借り換えをすることで月々の返済額を減らすことが可能です。借り換えのポイントはローンの残債額、返済期間、そして現状…

Read more »

繰り上げ返済はメリットだらけ?

マイホーム購入では、お金を金融機関から借り入れて購入する人がほとんどです。そして、借りたお金は長い年月をかけて返済していきます。借りる額が多ければ多いほど、返済額は膨れ上がっていきます。基本的には…

Read more »

© Copyright Couples & Prepayment. All Rights Reserved.